消費者金融の増額申し込み!案内を待つのがベスト!

万が一に備えて、カードローンを契約する場合、利用限度額はあまり高く設定する必要はありません。しかし、利用限度額を増額するのはベストどは言えません。必要な時の借り入れでは、利用実績からの審査となり取引上の信用度は高くなりません。

期待できるのは、契約時の利用限度額が低く設定され、カードローン以外での取引で信用度が高く評価された場合です。そのため、大手消費者金融のカードローンなどは3ヶ月毎の個人信用情報の確認が完了し、増額案内が来てから申し込む方が良いと言えます。

また、増額申し込みの繰り返しは、家計収支の不安定により、キャッシングに頼っていると判断される可能性もあるため、必要な時に限定するなどの計画性が必要です。

「良い借金」と「悪い借金」とは

突然ですが、借金に良い借金と悪い借金があるのをご存知でしょうか?良い借金とは、例えば車のローンや住宅ローンのように利息がかなり低く設定されているもの。一方、悪い借金とは消費者金融などで利用できる利息が高めの金融商品を指します。急な出費で一度だけ『30日間利息ゼロ』などのサービスを利用するのも、一度だけならアリかもしれません。

今のご時世、車や住宅などの単価が高い商品はなかなか売れないので、良い借金のほうはディーラーやハウスメーカーが肩代わりをしてくれて、かなり負担が軽くなっています。単価が低い物を買うときのローンでも利率が高いと利息は意外と膨らんでしまうもの。せっかくキャッシングを利用するなら、賢く損しないキャッシングをしていきましょう。ご利用は計画的に!