「良い借金」と「悪い借金」とは

突然ですが、借金に良い借金と悪い借金があるのをご存知でしょうか?良い借金とは、例えば車のローンや住宅ローンのように利息がかなり低く設定されているもの。一方、悪い借金とは消費者金融などで利用できる利息が高めの金融商品を指します。急な出費で一度だけ『30日間利息ゼロ』などのサービスを利用するのも、一度だけならアリかもしれません。

今のご時世、車や住宅などの単価が高い商品はなかなか売れないので、良い借金のほうはディーラーやハウスメーカーが肩代わりをしてくれて、かなり負担が軽くなっています。単価が低い物を買うときのローンでも利率が高いと利息は意外と膨らんでしまうもの。せっかくキャッシングを利用するなら、賢く損しないキャッシングをしていきましょう。ご利用は計画的に!

楽天ローンで余裕のある生活を!

私は今まで普通のカードキャッシングを利用していましたが、楽天ローンというのがありそちらを使わせて頂くことにしました。楽天ローンはおまとめローンにもという宣伝があったので3ヶ所くらい利用していたカードを楽天ローンのみにすることで、返済が格段に楽になり生活にも余裕が出来るようになりました。

楽天ローンは手続きも審査も簡単に出来るので、家にいるだけで手続き完了!さらにはキャッシングもネットから出来たりと便利なことだらけなので私は楽天ローンを利用して良かったと思っています。

もちろんキャッシングは計画的に使うものなので、計画的に使えない人にはオススメ出来ませんが、返済も考え使えるのであれば普段の生活に余裕が出るのでオススメです。

今後どうなるカードローン問題!さらに規制が厳しくなる可能性も!

2017年も間もなく終わりとなり、今年1年はカードローンが話題となりました。

特に銀行カードローンの過剰融資問題や審査不備の問題などから、銀行側も自主規制を強化したり、CMや広告の自粛を行っています。その背景には、債務整理者の増加にあり、原因の一つとしてカードローンが含まれていることにあります。自主規制の強化により、今年の債務整理者は減少したかというと、結果的に増加しており、歯止めが掛かっていません。

2018年以降には、新生銀行がレイクブランドの新規申し込みを停止することから銀行カードローンの見直しが加速する可能性があります。特に既に複雑のキャッシングを利用している方、高額な融資を希望する方は審査が厳しく行われる可能性が高まり、契約更新が出来ないというケースを想定する必要があります。

そのため、万が一に備えてカードローンを契約しているという方は、更新継続が出来ないという事態に備え、高過ぎる限度枠を随時見直し、減額することも重要です。利用限度の減額は、自主的な申し込みであれば、その後の増額に不利になることもないため、金融商品全体を見直しその他のローンに影響が生じないように検討することがおすすめです。

専業主婦がキャッシングを行うには

毎日の家計をやりくりしている主婦にとって、突然の出費はとても頭の痛い問題ですよね。

今すぐにお金が必要になった場合、キャッシングに頼りたいと思う方もそう少なくはないでしょう。

しかし専業主婦であっても、お金の借り入れを申し込むことは可能なのでしょうか。

まず、総量規制が導入されて専業主婦がキャッシングを行うのが困難になりました。

ですが、配偶者貸付を使えば夫婦のの年収を合計した3分の1まで借り入れすることが可能なのです。

つまり、夫に一定の稼ぎがあれば専業主婦でもキャッシングを行うことができるということになりますね。

夫の同意書や収入証明書、そして夫婦を証明するものさえあれば、配偶者貸付を利用することができます。

ですので、専業主婦がキャッシングを行うにはこの方法を最善と言えるでしょう。

消費者金融のおまとめローンを利用すると…

消費者金融のおまとめローンは総量規制の例外という扱いなので、年収の1/3を超える借り入れもできる借金の完済を目指す為のローンです。ただし、このローンは他社からの借り換えが前提になるので、原則的に総量規制が適用される借り入れの借り換えにのみ利用することができます。

また、いくら総量規制が絡まない契約になるとは言っても、どこかでこのおまとめローンを組んだ後はその会社はもちろん、他社も利用できなくなると考えてください。まとめた金額が総量規制の範囲内に収まる程度の比較的少額だった場合は別ですが、総量規制を超えていたり、近い金額までのローンを組んだ時には追加での借り入れはまずできなくなります。

それは、元々おまとめローンとはそれまでに重ねてしまった借り入れを完済する為に用意されているローンだからです。これを組んだ後に更に借金をしてしまっては完済どころではありません。おまとめローンは今後は完済だけを目指す人が利用するローンだと言えるので、まだ借りる予定がある場合には利用するべきではありません。

おまとめローンを組むと、それまでより金利が下がることが多いです。ですが、それを目当てに組んでしまった為に、追加での借り入れができなくなって困ってしまうことになる可能性があります。消費者金融のおまとめローンはもう借金をしないと決めてから利用するものだということです。

おまとめローンによって期待できる効果

キャッシングを利用した借入は一つの金融機関からしか行えないわけではありません。現に複数の金融機関から同時期に融資を受けている消費者もたくさんいます。しかし複数の金融機関のキャッシングを同時に利用していると、返済や利息の負担も大きくなってしまいやすいものです。可能であれば、複数の借入は一つの金融機関でまとめた方が断然お得です。

複数の借入を一つにまとめる際に利用されるのは、おまとめローンと呼ばれる商品です。これは他社からの複数の借入を一本化する目的で存在している商品で、通常のキャッシング商品と同様に、申込みをして審査をクリアすることができれば融資が受けられる仕組みになっています。銀行のおまとめローンなら金利も非常に低くなっている為、返済の負担軽減により大きな効果を発揮してくれると言えるでしょう。

そもそもおまとめローンは多重債務の負担軽減が目的として登場した商品である為、通常のキャッシングよりも低金利での融資が一般的となっています。また、一本化によって一社からの借入金額が大きくなりやすいことからも低金利が望みやすいという特性を持っています。

キャッシングの返済では、利息と手数料が大きな負担になってしまうケースも少なくありません。しかしおまとめローンを利用することで負担を軽減できる場合も多いので、複数のキャッシングを利用している方は、一度おまとめローンの相談をしてみると良いかもしれません。

おまとめローンのメリット

おまとめローンと聞くと、多重債務で苦しんでいる人が利用するものだと思っているかもしれませんが、クレジットカードとカードローンのキャッシングの利用分をまとめたいという場合にも、おまとめローンは便利に利用することができます。

複数の借り入れを一本化することで、毎月の負担を減らすことができます。

特に、月々の返済がきびしかったり、もう少し余裕がほしいと感じている場合には、おまとめローンを利用すれば原状よりも毎月の返済額を減らすことができます。

自分の生活を切り詰めて、楽しみを我慢し、借金の返済のためだけに働き続けるのではなく、一本化することで過度な負担を軽減することができ、自分の生活も楽しみながら、借金の返済をすることが可能となります。

現在の借り入れが、消費者金融系などの高めの金利設定であれば、銀行系の低金利のローンに乗り換えることで、利息を大幅に削減することができます。

ただ、気をつけないといけないことは、一本化することで返済期間が長くなってしまい、借り換え前よりも支払う利息が多くなるというケースもありますから、注意する必要があります。

また、おまとめローンを利用することで、返済計画がたてやすくなりますし、毎月1回の返済となりますから、返済の手間も減り、うっかりと返済日を忘れていたということも避けることができます。

おまとめローンの特徴

おまとめローンとは、その名の通りローンをまとめる事を言います。多くの消費者金融や金融機関で利用する事ができるおまとめローン。おまとめローンの場合は、消費者金融でも、総量規制に関係なく利用する事ができる点が特長です。

そんな、おまとめローンを利用するメリットは、まず、ローンを1本化させる事ができると言う点にあります。1本化させる事で、借金の総額を把握しやすくする事ができ、また、返済日も月に一度にする事が可能です。その他、今利用している金利よりも安い金利のおまとめローンを利用する事で、金利を抑えて返済を進める事も可能になります。

ただし、このおまとめローンは、誰でも利用する事ができると言うわけではありません。おまとめローンを利用する際は、再度、審査が必要になります。おまとめローンの場合、かなりの金額になる事が多く、その分、審査をクリアする事も難しくなる傾向があります。その為、必ずしも審査に通り、おまとめローンを利用する事ができると言うわけではありません。

以上がおまとめローンの特徴となります。再度、審査を受ける必要があるものの、借金を1本化させる事は、返済においてメリットの大きな事と言えます。その為、複数の借金返済に困っている人には、お勧めだと言えます。